「平和」について考えてみませんか
―平和・戦争・環境・人権―
『こども平和文集・第24号』にあなたの作文や詩を送ってください。

 平和協会では、1970年(昭和45年)から一年おきに、「こども平和文集」を発行してきました。第1号を出してから48年になります。
 戦争の反対が平和でしょうか。いじめのあるクラスは平和でしょうか。障害者に手をさしのべない町は平和でしょうか。ほんとうの平和ってどんなことでしょう。平和について、あなたが考えたことを作文や詩に書いて送ってください。

line

■つぎのように募集します。

1.内容
○平和・戦争・環境・人権などについての作文・詩(下記題材を参考にしてください。)

2.応募できる人
○ 小学生・中学生(学級単位でも可)

3.用 紙
○400字詰め原稿用紙
○作文は3枚以内、詩は2枚以内、創作は5枚まで。
○一枚目のはじめに、題名・学校名・学年・名前を書く。
○最後の紙のうらに、あなたの住所(〒・都道府県名から)
 ・学校名・学年・名前(ふりがな)・自宅電話番号を書く。

4.2020年 2月末

5.送り先
〒154-0011 東京都世田谷区上馬4-5-8
一般財団法人 平和協会 児童部「こども平和文集」係

6.発 表
○2020年 8月
 文集を送ることで発表に変えます。
 掲載された人には図書券を送ります。
 優秀作5点に記念品を用意しております。

※作品の選定は、平和協会児童部 長谷川峻(朝日小学生新聞「ぼくとわたしの作品」の選者)がおこないます。

line

■題材は自由ですが、つぎのことなどを参考にしてください。

1.平和について
(1)あなたの身近な生活の中で「これが平和だ」と思うこと、「これは平和ではない」と思うことはありませんか。
家庭で、あなたの学級や学校で(たとえば友だちどうしのこと)、あなたが住んでいる町や村で
(2)世の中のできごと(事件)で考えたこと。
(3)今、日本は、世界は、平和でしょうか。
(4)戦争がなければ平和でしょうか。平和とはなんでしょう。

2.環境について
(1)自然はいいなあと感じた体験。
(2)ゴミの問題、地球の温暖化について。
(3)おじいさんやおばあさん、あるいは、お父さんお母さんに聞いた子どもだったころの自然や遊び。
(4)環境について書いた本などの感想。

3.人権について
(1)命の尊さについて。
(2)お年寄りのこと、障害をもっている人たちのこと。
(3)いじめや差別について
(4)人権について書いた本などの感想。

4.戦争について
(1)家の人や先生に聞いたり、授業などで学んだりした戦争のこと。
(2)本や新聞、テレビ、映画、演劇などで知った戦争のこと。
(3)空襲や広島・長崎の原子爆弾のこと。
(4)核兵器・核実験・地雷などのこと。
(5)戦争について書いた本などの感想。

5.その他
(1)ボランティア活動に参加したこと。
(2)21世紀に生きるわたくしの考え。

line

「一般財団法人平和協会」の具体的な活動についてはホームページをご覧ください。

●戻る●

Copyright(c) 2008 Zaidanhoujin Heiwakyoukai, Allright reserved.